見つけるべきN=1は圧倒的な熱狂者

見つけるべきN=1は圧倒的な熱狂者

アイデアの中にある顧客仮説、課題仮説を実証することがデザイン思考の二歩目。インタビューで顧客実在・課題実在が証明された時点で、「N=1」が成立したと判断するのは時期尚早。辿り着きたいのは「それ絶対に欲しいです。絶対作ってください。応援します。協力もします」という強い共感を表明したユーザを見つけること。

バイアスを外してアイデアを考えよう

バイアスを外しながら、アイデアを考えよう。

イノベーションを失敗させる一番大きな要因は思い込み。人生で積み重ねてきた偏見が物事の真実からあなたを遠ざる。イノベーションとは皆が常識だと思っているが実はそうではないものを見出すことから始まる。

新規事業担当者は、二重人格であれ

新規事業担当者は、二重人格であれ

妄想と現実。拡散と収束。冷静と情熱。悲観と楽観。まだ誰も見ない未来を定義し、その未来に邁進するからこそ、2つの顔でその戦略や計画、行動を見渡すことで、確実性を引き上げていくことが必要。